そもそもトレンドとは何なのか

トレンドを見極めるためには、そもそもトレンドとは何なのかということを知っておく必要があります。

 

トレンドとは、相場の向かっている方向ですが、なんとなく感覚で理解するのは、相当上級者になってからです。
それまでの間は、自分なりの定義を作っておく必要があります。

 

一番わかりやすいのは、下値を切り上げて上値を更新している状態、あるいは、上値を切り下げて下値を更新している状態です。
これは、完全にどちらかに向けてトレンドができているといえます。

 

しかし、相場の世界で往々にして下値は切り上げたけど、上値を更新しないとか、下値を更新したのに上値も更新したなど、きれいに動いてくれないケースもあります。

 

その場合、どういう観点で見るかということになりますが、基本的には過去のことよりも現在のことのほうが大切なはずですので、あとで起こった事象を優先して考えるというのが良いでしょう。

 

つまり、

 

・ 下値は切り上げたけど、上値は更新せず大きく戻す場合 → 再度上値を追う可能性もあるが、もしかすると上昇トレンドではない可能性。場合によっては下降トレンドに移行する可能性。

 

・ 上値を切り下げたけど、下値を更新せず大きく戻す場合 → 再度下値を追う可能性もあるが、もしかすると下降トレンドではない可能性。場合によっては、上昇トレンドに移行する可能性。

 

という風に考えるのです。

 

また、

 

・ 下値を更新したのに上値も更新した → 下降トレンドではない可能性。そのまま上昇トレンドに移行する可能性。

 

・ 上値を更新したのに下値も更新した → 上昇トレンドではない可能性。そのまま下降トレンドに移行する可能性。

 

と考えます。

 

ただし、これらはケースバイケースで、これらのようなわかりにくい場合にトレンドを把握するために、多くのテクニカル指標が存在すると言っても過言ではありません。

 

まずは、

 

・ トレンドの基本は下値を切り上げて上値を更新している状態、あるいは、上値を切り下げて下値を更新している状態であること
・ きれいに動いていない場合は、あとで起こった事象を優先して考えるほうが良いと考えられること

 

という2点を頭に入れましょう。

関連ページ

まずは大きなトレンドを見極める
FXの取引手法を研究しています。最終勝率がきわめて悪いといわれるFXでいかに勝つか。
トレンドに沿ったポジションを
FXの取引手法を研究しています。最終勝率がきわめて悪いといわれるFXでいかに勝つか。